集う 憩う 語り合う
レストランweについて
1999年の2月に、横浜線の線路に沿った新横浜の地に、ワーカーズコレクティブという新しい働きかたで作られたレストランWeが開店しました。
当初は何の経験も無い主婦の集まりで、何もかもが驚きの毎日でした。
そんな中、一人でも多くの客様に喜んで頂ける食事を提供していきたいという心だけで今日に至っています。
今の私達の働きぶりはいかがでしょうか?開店当初から特にこだわった、極力安心安全であるための、食材の仕入れ。又、健康を考えた、多品種の野菜を使った日替わりのおかず。
開店してからの15年間には、料理にもいろいろなブームもありましたが、基本の「食の安全」を守り通して現在に至っております。
We通信 mini vol.527

 先週末、年に2回しかしないレストランWeの土曜営業がありました。これはオルタ館に事務所を構えている「オルタスクエア」さんが毎年春と秋に開催している「住まい展」の催しに合わせて、主にスタッフの昼食を目的としてのもので、食数も少ないと思い、当日はスタッフ2名で担当しました。それでも38人のお客様にお出で頂くことができました。準備したコロッケも好評で、ランチ終了後に不足分を少し作り足したりしました。ありがとうございました。秋の住まい展は、オルタ館のオルタフェスタでも開催されると思うので、普段仕事等で来られない皆さんも是非足を運んでみて下さい。

 足を運ぶと言えば、先日何年振りかで、姪と二人で叔母のところに行ってきました。95歳になる叔母は相変わらず元気に一人暮らしを続けていますが、週に4日は近くのデイサービスに出かけていって、活躍しているようです。そのデイサービスでやっているという、算数の計算で使っている公文のテストを見せてもらいました。叔母としては、算数の問題などは、簡単すぎてつまらないとの事でしたが国語の書き取りは、高齢者向きに文章が用意されていて、なるほどと思って見てきました。姪と二人、いつまでも元気でと願いながら帰ってきました。

    
先週の人気No.1 先週は水曜日の豚肉のみそ焼き・納豆とわかめの明太和え・鶏肉ときのこのマリネで77食でしたが、金曜日も同数でした。初めての事でした。